必要な自己資金と返済額(フラット35金利比較2016)

必要な自己資金と返済額(フラット35金利比較2016)

TOPページ 住宅ローンの基礎知識 > 必要な自己資金と返済額

 

必要な自己資金と返済額

必要な自己資金と返済額には目安があります

お気に入りの物件が見つかったら、購入に向けて具体的な資金計画を立てなくてはなりません。

資金計画があいまいなままではローンの審査に通りませんので、次の事柄に注意しながら具体的な準備にとりかかりましょう。


安全な資金計画を立てるためにも、十分な頭金を準備しましょう

一般的に頭金は購入価格の20%程度が必要といわれています。

これは、住宅ローンの借り入れ限度額が、購入価格や建築費用の80%に設定されているケースが多いためです。

しかし、実際には諸費用も必要になりますので、自己資金は最低でも購入価格の25%程度は必要になります。

中には購入金額の100%まで融資可能な住宅ローンや、諸費用を対象としたローンもあるなど、自己資金のない方でも住宅購入が可能なケースもあります。

しかし、無理な借り入れは後の返済が大きな負担になりますので、ある程度の自己資金は準備しておくように心がけましょう。

毎月の返済額は、月収の20%以内が目安です

住宅ローンの月々の返済額は、月収の20%以内に収まるように設定する事が大切です。

返済額がこの数字を上回るようですと、月々の返済が厳しくなるだけでなく、融資の審査自体に通過しないことも予想されます。

購入予算や返済期間を決める際には、この数字から逆算して計画を立てるようにしましょう。

人気のフラット35住宅ローン

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35b> ・・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.324%下がりおススメです!

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・事務手数料が、キャンペーン中~2015年3月31日まで1.3%に))。保証料無料』、『一部繰り上げ返済手数料無料

ページトップへ↑