ARUHI解説(フラット35金利比較2016)

ARUHI解説(フラット35金利比較2016)

TOPページ フラット35お役立ち情報 > ARUHI解説

 

ARUHI解説

一度ご自身の購入物件を確認してください。

■戸建住宅の場合で70㎡以上、マンションの場合で30㎡以上の床面積がありますか?

■住宅の耐久性などについて住宅金融公庫が定めた技術基準に適合していますか?
(中古住宅の場合には適合証明書の交付を受ける事ができるでしょうか。)

これらの質問に全て「はい」と答える事ができる方には、迷わず「ARUHI」をおすすめします。

「金利上昇時には、長期間の固定金利を選択すべし」という鉄則があります。

ゼロ金利が解除され金利が上昇し始めた今、素直にこの鉄則に従う事が大切です。

先に説明したとおり、最長35年間・固定金利で借り入れることが出来るARUHIは、現在最も有利なローンです。

金利は金融機関によって違いますので、最も低く設定されている金融機関を選ぶ事が重要です。

では、いったいどこの金融機関に申し込めばよいのでしょうか。

現在最も低い金利を設定していることや、繰上げ返済の手数料と信用保証料が無料であること、利用者の口コミで知名度が上がってきていることなどを加味すると、「ARUHI フラット35」が全体の中で頭ひとつ分ほど抜き出ている感じです。

さらに、「スーパー フラット35 プラスα」という商品があることも魅力です。

「フラット35」を利用する場合には全体の80%までの融資しか受ける事ができません。

しかし、「スーパー フラット35 プラスα」を使うことで、足りない資金の融資も受ける事ができます。

そのため、頭金を十分に準備できない方でも利用が可能になります。

それら事実を総合的に判断すると、「ARUHI」が今最も有利な住宅ローンだといえるでしょう。

金利の低さにはたいへんな魅力があります。

「ARUHI」の場合、インターネットで簡単に申し込みが出来ますので、他社に相談に行く前に問い合わせなどしてみるといいでしょう。

ただ、フラット35は審査が厳しいので、住宅ローン審査で悩んでいる方はコチラのFPコラム も見ててください。

人気のフラット35住宅ローン

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35b> ・・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.324%下がりおススメです!

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・事務手数料が、キャンペーン中~2015年3月31日まで1.3%に))。保証料無料』、『一部繰り上げ返済手数料無料

ページトップへ↑