保険料が別途必要(フラット35金利比較2016)

保険料が別途必要(フラット35金利比較2016)

TOPページ フラット35のデメリット > 保険料が別途必要

 

保険料が別途必要

団体信用生命保険料と火災保険料が別途必要です

民間の住宅ローンの中には、団体信用生命保険料や火災保険料が金利に含まれているケースがあります。

しかし、フラット35の場合にはこれらの費用が融資金利には含まれていません。そのため、加入を希望する場合にはローンとは別に申し込む必要があります。

人気のフラット35住宅ローン

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35b> ・・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.324%下がりおススメです!

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・事務手数料が、キャンペーン中~2015年3月31日まで1.3%に))。保証料無料』、『一部繰り上げ返済手数料無料

ページトップへ↑