GE Moneyの解説(フラット35金利比較2016)

GE Moneyの解説(フラット35金利比較2016)

TOPページ フラット35お役立ち情報 > GE Moneyの解説

 

GE Moneyの解説

いざ物件を購入したいと思っても、必ずしも希望どおりの融資が受けられない場合があります。

「年収も預金もあるのに、自営業のため希望どおりの融資が受けられなかった」、

「資金計画がしっかりと立っているのに、頭金が十分に準備できなかったため、あきらめなくてはならなかった」、

「収入がしっかりあるのに、転職したばかりという理由で断られてしまった」

「派遣社員という理由だけで話も聞いてくれなかった」

このような場合には購入を断念しなくてはならないのでしょうか。

そんなときにおすすめしたいのが、「GE Moneyの住宅ローン」です。

「GE Moneyの住宅ローン」は、米GE(ゼネラル・エレクトリック・カンパニー)の個人向け金融サービス部門「GEコンシューマー・ファイナンス株式会社」の日本法人が取り扱う商品です。

GEという会社をご存知の方も多いと思いますが、金融部門では日本にないノウハウを数多く蓄積している企業です。

そのため他社では利用が困難な方でも、資金計画がしっかりと立っていれば、

そのことを正当に評価し、場合によっては頭金ゼロでも融資を実行してくれます。

これは、多くの金融機関が「自己資金額や勤続年数、雇用形態といったの画一的な審査基準」で審査をおこなっているのに対し、GE Moneyの住宅ローンでは、「利用者の返済の能力に応じた柔軟な審査」をしているため可能になるというわけなのです。

例を挙げれば、下記のように審査基準を広げています。

■GE Moneyの自営業の方向け住宅ローン
■GE Moneyの派遣・契約社員の方向け住宅ローン
■GE Moneyの就職・転職した方向け住宅ローン
■GE Moneyの注文住宅ローン
■GE Moneyの外国の方向け住宅ローン

など様々です。


GE Moneyの住宅ローンの魅力は融資の姿勢だけではありません。

アフターケアもたいへん充実しています。

ローン返済中に最も気になるのが、病気やけが・失業といった理由で収入が途絶えてしまうことです。

こういった不安に対しては、

「けがや病気による入院時や、勤務先の倒産やリストラで失業したときなどに、毎月のローンを負担してくれる“安心保険サポート”」と、

「死亡時や所定の高度障害状態になった際、残った債務を代わりに返済してくれる“団体信用保険”」

がカバーしてくれます。

これらの保険料は全てGE Moneyの住宅ローンが負担してくれますので、万が一の心配をせずに住宅ローンを組む事ができます。

気になるのは金利ですが、

変動金利型では2.20%~3.60%、固定金利型では、2.70%~5.30%(固定期間によって異なる)と、利用者の信用状況に応じて金利が設定される仕組みになっています。(H18年9月現在)

他社と比較する際、融資を受ける際の保証料と、前述した保険料が無料であることを考えると、単純に金利だけで比べることはできないような気がします。

(この他「TOEICスコアと、IT系の資格保有で0.1~0.2%の優遇金利」を受けられるという、ユニークな制度も設けられています)

ただ残念なのは、固定金利型を選択する場合には最長で10年までしか借り入れる事ができないことです。

これは、借り換えや繰上げ返済も視野に入れておくことで十分カバーできますので、しっかりとした資金計画が立っていればあまり気にする必要はありません。


GE Moneyの住宅ローンでは、仮審査の結果を最短1日で知らせてくれます。

あれこれと考える前に、GE Moneyの住宅ローンの審査をお受けになるのもいいのではないでしょうか。

人気のフラット35住宅ローン

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35b> ・・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.324%下がりおススメです!

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・事務手数料が、キャンペーン中~2015年3月31日まで1.3%に))。保証料無料』、『一部繰り上げ返済手数料無料

ページトップへ↑