フラット35の融資金、返済金(フラット35金利比較2016)

フラット35の融資金、返済金(フラット35金利比較2016)

TOPページ フラット35の基礎知識 > フラット35の融資金、返済金

 

フラット35の融資金、返済金

融資金の流れ

フラット35における融資金の流れは下記のようになっています。

融資金の流れ

①「フラット35」の申し込みを受けた金融機関は、審査に通過した方へ住宅購入資金の融資を行います。

②融資を行った金融機関は、該当する住宅ローン債権を「住宅金融支援機構」へ譲渡します。

③金融機関から住宅ローン債権の譲渡を受けた住宅金融支援機構は、該当する債権を信託銀行などに信託します。

そして、信託した住宅ローン債権を担保として「住宅金融支援機構債権」を発行し、多くの投資家に販売します。

このようにして、私たちが利用している住宅ローン債権は証券化され、多くの投資家の方へ売却されます。

これが「住宅金融支援機構の証券化事業」の流れです。

返済金の流れ

フラット35の利用者は、住宅ローンをどこへ返済すればいいのでしょうか。

返済金の流れ

実は、フラット35の申し込みを受け付けている金融機関は、住宅金融支援機構から融資金の管理回収業務の委託を受けています。

そのため、利用者はフラット35の申し込みをした金融機関にローンの返済をします。

そして、返済を受けた金融機関は、返済金を住宅金融支援機構に引き渡し、最終的には「住宅金融支援機構債権」を購入した投資家の手元に届きます。

人気のフラット35住宅ローン

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35b> ・・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.324%下がりおススメです!

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・事務手数料が、キャンペーン中~2015年3月31日まで1.3%に))。保証料無料』、『一部繰り上げ返済手数料無料

ページトップへ↑