フラット20について(フラット35金利比較2016)

フラット20について(フラット35金利比較2016)

TOPページ フラット35の基礎知識 > フラット20について

 

フラット20について

フラット20は、フラット35の20年バージョンというものです。

返済期間が短くなっていますが、その分、金利が大幅に下げられていますので、資金に余裕があり、返済期間が短くても大丈夫そうな方にはフラット35よりもお薦めです。

ARUHI楽天銀行といったフラット35の取り扱いで知られているところはフラット20の取り扱いをすでに始めています。

その他の各住宅ローンフラット35取扱い会社でも着々と取り扱いが始まっています。

一般的にフラット20はフラット35から0.2%の金利優遇、といった形になっています。

資金に余裕がある方はフラット20の利用も選択肢としてぜひ視野に入れておきましょう。

下記がフラット20の金利、手数料一覧になりますので参考にしてください。

当サイトからの申し込み一番人気は、楽天銀行フラット20になっています。金利の低さと手数料の低さから人気を集めているようです!

>>楽天銀行フラット20の申し込みはコチラ

会社名

金利

融資手数料

ARUHI

0.99%

融資額の2.0%

楽天銀行

0.99%

融資額の1.404%(楽天銀行口座を返済口座に指定すると、1.08%に))

オリックス住宅ローン

0.99%

融資額の2.16%

イオン住宅ローン

0.99%

融資額の1.7%

*金利更新日;2016年6月1日

人気のフラット35住宅ローン

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35b> ・・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.324%下がりおススメです!

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・事務手数料が、キャンペーン中~2015年3月31日まで1.3%に))。保証料無料』、『一部繰り上げ返済手数料無料

ページトップへ↑