フラット35の金利について(フラット35金利比較2016)

フラット35の金利について(フラット35金利比較2016)

TOPページ フラット35の基礎知識 > フラット35の金利について

 

フラット35の金利について

フラット35の金利は、申し込み金融機関ごとに違います

フラット35の金利は、

①住宅金融支援機構債券を購入した投資家に支払う利息
②住宅金融支援機構が事業を運営するための費用
③取扱金融機関の融資金管理回収業務手数料

の3つから構成されています。

このうち③の手数料はそれぞれの金融機関が自由に決める事ができるため、金融機関によって金利に差が出てしまいます。

フラット35の金利

つまり、フラット35を積極的に扱っている金融機関や、インターネットでフラット35を専門に扱っている金融機関に申し込むと、かなり有利な金利で利用する事が可能になります。


フラット35の融資金利について

実際に住宅ローン融資を受ける際の金利は、借り入れ申し込み時点の金利がではなく、資金受け取り時点の融資金利が適用されます。

このため、資金受け取りまでに金利が上昇した場合、毎月の返済計画に狂いが生じる恐れがありますので注意しておく事が必要です。

ちなみに、融資金利は毎月改定されますので、申し込み金融機関のHPなどで調べておくといいでしょう。

人気のフラット35住宅ローン

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35b> ・・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.324%下がりおススメです!

wa-aka.png ARUHI ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・事務手数料が、キャンペーン中~2015年3月31日まで1.3%に))。保証料無料』、『一部繰り上げ返済手数料無料

ページトップへ↑